星読みマーサの公式ブログ

《太陽は水瓶座 月は蟹座を運行中》
ピックアップしてみたでしょうか?
  
  
唯一無二のたった1人の
自分とは…
   
そこには誰からも
支配も依存も
執着する事もない状態です。
  
  
そうした状態に
なろうとすると
とても孤独を感じるでしょう。
  
 
誰にも期待できない。
誰にも寄りかかれない。
誰にも何とかしてもらえない。
誰にも理解してもらえない。
   
  
自分の人生で
経験する事というのは
誰にも変わって貰う事も
できませんし、
  
  
また、
誰かの人生で
経験する事を
自分が変わってあげる事も
できません。
  
  
星読みから言えば
自分のホロスコープに
書かれている事を
変わりに取り組んで貰う事も
できませんし
  
  
誰かのホロスコープに
書かれている事を
変わりに取り組んであげる事も
できません。
  
  
  
  
月が蟹座に入っているので
揺らぎや、不安も
起こっている方も
いらっしゃるかもしれません。
   
  
しかし、自分が
どうしたいか?を
見つけやすい時です。
  
  
『本当はこうしたい』と
思っていたけど
違う視点から考えたら
その『こうしたい』は
誰から奪おうとしていたのかもしれません。
   
  
自分の不足を
誰かに補って貰おうという考えで
出来事や、人を
見定めていたのかもしれません。
   
  
では、逆だったらどうでしょう?
奪うのではなく
   
  
あなたは何を与えられるのか?
  
あなたは何を与えたいと思うのか?
   
  
欲しいと思うのは
なりたい姿というのは
自分に不足していると
思っているから。
   
  
もちろん、不足を
補う為に
努力を続ける事が
あったとしても
   
  
今のあなたが
不足だと、思い込みが
強いと
今のあなたはずっと
不足している現実をつくりだすだけ。
   
 
何故なら
自分は不足しているという考えがあるから
発言や行動に繋がるからです。
そうした発言や行動こそが
自分に、自分は不足している現実の
種を蒔いて、育てているということ。
   
  
あなたは欲しいと、なりたいと思っているならば
その手に入っている自分を想像する。
手に入れている自分の世界を想像する。
   
  
そして、そんな自分は
何を与えたいと思うのか?
考えてみる事。
   
  
与えたいと思うのならば
その与えたいという考えを持って
発言と行動をしていく事になります。
だから、あなたは
『本当はこうしたい』と思っていた
現実をつくる事になります。
    
  
既に在る世界を
あなたが決める事です。
   
    
欠けているところがあったとしても
自分がこれまで経験してきた事から
あなただけが
与える事ができるものがある。
   
   
たとえ、それが
過去にうまくいかなかった
事があって
それがまた繰り返されるのでは
ないかと過ぎったとしても…
   
  
今のあなたは
過去のあなたではない。
   
  
昨年は
特に、自分の根源的なところから
変容を促されてきたわけです。
だからこそ、あなたにとって
もう二度と繰り返したくない事も
また傷ついたり、嫌な思いをしたくないと
思っている事も
   
  
自分にとって
禁断の箱の中にしまっていた事も
今のあなただからこそ
新しい実現化へと
向かう事ができます。
   
  
今のあなただからこそ。
そして、今がその時。
   
  
宇宙の流れは
いつも様々なテーマや
問われる事が
動いていきます。
   
  
要するに
いつまでも、その
チャンスの場面があるわけでは
ないのです。
   
  
与える視点を大事にする事。
   
   
本来の自分だけが
与える事ができるものを
今日は探してみましょう。
   
  
それが、あなたの
潜在的なところから
新しい生き方へと入っていく
チャンスとなります。
  
  

2019年在処主催〜講座・イベント
🌟星を日常に活かして自分の天職・使命に向かう為の星活ステップ
◆3/17
     
    
🌟あなたの星を知る入口
   
    
🌟あなたのその頑張り、スピリチュアルの理に沿ってますか?
◆2/22
◆3/17
 
     
🌟現実を変えるには劇的にコミュニケーションを変えること
◆3/20
    
    
🌟磨かれた直感を手に入れる!
 
   
    
🌟子育ては親自身の『軸』が試される
◆2/22・3/20
親軸育みアドバイザー海藻明代による親軸育みセミナー
                                                              
          

 

 

Today's Schedule